太陽光支柱孔穿孔

1990年代から家庭用太陽光が始まり、

1000KWを超えるメガソーラーが電力事業用に計画され、

国からの補助金制度のおかけでソーラーブームと言われるまでに成長しています。

 

設置箇所は様々で造成工事が必要な山林・丘陵地と

必要最低限の造成で済む工業団地の空き地・ゴルフ場の跡地等があり、

地質も地域によって変わる為、造成がいらない箇所でも硬い岩盤になると

太陽光のパネル基礎の穿孔(削孔)が思う様に進まない場合もある様です。

時間と施工費に余裕があれば良いですが、発電を開始してようやく売電が開始されます。

そうなると如何に早く穿孔(削孔)を済ませるかになります。

我社は岩盤を相手に半世紀近く戦ってきました。

さく岩機も人力から空圧式の機械になり、今では油圧の機械にまで発展しています。

 

その機械は、油圧式クローラドリルと言われるもので古河ロックドリルが主となる国産製、

エピロックジャパン(旧アトラスコプコ)が主となる海外製があり、

どちらも長年如何にして硬い岩盤を早く安く穿孔(削孔)するかの研究を重ねています。

その為、穿孔(削孔)径がφ150㎜前後までにおいては他のドリルに比べ最速を誇ります。

但し、太陽光パネルの基礎穿孔(削孔)となると孔曲りが発生すれば基礎杭の挿入が困難になります。

岩盤であれば特に注意が必要なので、

発破と割岩時の様な穿孔速度は出せないものの高い能力を十二分に発揮しています。

またクローラドリルには穿孔(削孔)時に発生するくり粉(岩粉)を吹き上げる為にエアを使用しますが、

コンプレッサーがエンジンルーム内に搭載され、

そのくり粉(岩粉)が舞わない様に集塵機(機械周辺に払い落とし)も搭載されているのも

特長で機械1台あれば、余計なホースなど引っ張る必要もありません。

穿孔(削孔)径、岩質、施工ヤード(傾斜等)により変化しますので、お気軽にご相談下さい。

参考:穿孔径 φ90㎜~150㎜前後

         時間当たり穿孔長 10m~18m

         *移動・角度セット時間含む

         *穿孔(削孔)角度が垂直以外は大幅に時間がかかります。

株式会社 日本発破技研

〒664-0844 兵庫県伊丹市口酒井2丁目9-11 

TEL 072-777-9001 FAX 072-777-9009