割岩とは?

盤破砕=発破 この図式が確立されていた時代と、
山間部が切り開かれ宅地・道路が次々と作られ、
生活基盤が広がった現在とでは工事における環境への
配慮に対する重要性が大きく変化してきています。
発破工法は今でも「大量土岩搬出」「低コスト」が魅力であり、
岩盤破砕の候補として考えらている一方で、環境へのリスクは非常に多く、
環境へのリスクの低減をしていけばいくほど、発破工法と言えども
「少量の施工」「高コスト」になってしまいます。
また、「飛石のリスク」と常に隣り合わせでもあります。
 
そこで環境への配慮に適している工法が、「割岩工法」です。
構造的には古来からあるハンマーで石を割るクサビ工法を、
油圧で圧力を加えていくという簡単な仕組みを持ち、
施工体制はクローラドリルと割岩機のセットのタイプ(ビッガー工法)と
機械1台で削孔/割岩を行なうタイプ(パワースプリッター工法)があり、
現場のニーズに適応出来るラインナップを揃えています。

割岩工法のコストは発破工法に比べ、少量施工で高コストにはなりますが、
現場内外の環境への影響が少ない事を考慮すれば、トータルコストは決して高くは無いはずです。
岩盤破砕において、ライフ環境の変化により脚光を浴びている割岩工法が選定されている理由はそこにあります。
ここがすごい!
・飛石の心配が無い為、通行止め等の現場内外への影響は少ない
・広い現場管理の手間が無い
・割る方向がコントロール出来、且つ、割り過ぎも抑える事が出来る
・建築物の解体等で、割岩で1次破砕をすれば、圧砕機等の振動を抑える事が可能
騒音は削孔音が主ですが、防音装置を装着すれば確実に低減することが可能です。
割岩時は、セリ矢に塗ったグリスが熱で溶ける事により、
セリ矢同士が擦れる音が聞こえる程度です。
それがグリスを塗るサインであり、グリスを塗れば静かになります。
振動は硬い岩盤を割る際全く発生しない訳ではございませんが、
注意していると僅かに感じる程度であり、
他重機が動いていれば全くその振動を感じません。
・コンクリート構造物基礎部、コンクリート構造物解体
・保安物件近接箇所の岩盤破砕
・河川河床の岩盤破砕
・トンネル 明かり部~坑口の岩盤破砕
・排水路等の浅い岩盤破砕
・転石破砕
・深礎(立孔)工における岩盤破砕

株式会社 日本発破技研

〒664-0844 兵庫県伊丹市口酒井2丁目9-11 

TEL 072-777-9001 FAX 072-777-9009